コンジローマにかかったら についての記事一覧 | ページ 2 / 2 | コンジローマになるのはどんな時?

HOME » コンジローマにかかったら

コンジローマにかかったら

コンジローマの感染と潜伏期間

コンジローマに感染すると潜伏期間を経て、症状が出てくるのが一般的となります。
つまり、性交渉をしてから感染し、その後数週間後や数か月後に症状が出てくるというのが多いのです。
その間、自覚症状はほとんどなく、多くの方は気付かずに放置してしまっています。
当然ですが性病は自然治癒するものもあれば、自然治癒するのが難しい場合もあります。
コンジローマの場合は再発も多く、それでいて自然治癒するのも難しいです。
≫ 『コンジローマの感染と潜伏期間』

コンジローマの再発の原因と予防

コンジローマは性病・性感染症の中でも、メジャーな病気です。
男性でも女性でも感染する確率は高く、特に女性よりも男性の方が感染する人も多いと言われています。
そんな中、このコンジローマは再発もとても多い病気と言われています。
もともとコンジローマは性交渉などによって感染するのですが、その原因は肌や粘膜に傷が付き、そこにウイルスが入ることで感染すると考えられています。
そのため、コンジローマは何度も性交渉を持てば持つほど、より再発の可能性も高くなる病気なのです。
≫ 『コンジローマの再発の原因と予防』

コンジローマの完治の期間と治療

コンジローマになってしまった時、「完治するまでにどれくらいかかるのかな」と不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。
実際にコンジローマになってしまった場合は、治療期間が数週間ほどかかります。
それはどのようなコンジローマであっても、最低数日から数週間かかるということです。
そこはしっかりと考えておくと良いのではないでしょうか。
最低でも1週間〜2週間の治療期間が必要で、病院にも2回〜3回ほど通院することが必要となります。
最終的には数週間後に完治ということになるのが一般的です。
≫ 『コンジローマの完治の期間と治療』

コンジローマ感染中は性交渉NG

コンジローマ感染中に性交渉を持とうと思っている方もいるのではないでしょうか。
実際に性交渉という関係は、大人の男女であればごく普通の関係です。
多い人だと週に数回性交渉を持つということもあれば、少なくても月に数回の性交渉を持つことが多いでしょう。
しかし、それは性病・性感染症を何も持っていない時の頻度だと思ってください。
コンジローマなどの病気を持っている時には、基本的に性交渉というのは避けておきたいです。
≫ 『コンジローマ感染中は性交渉NG』

コンジローマの検査費用

コンジローマの検査費用に関して、気になっているという方も多いのではないでしょうか。
性病や性感染症の治療に関しては、検査が必要となることも多く、治療だけではなく検査の費用も必要となります。
特にコンジローマの場合は、どのように感染しているのかを調べるために組織検査や遺伝子検査をおこなうことがあります。
多くの場合は医師の視診によって判断されるのですが、わかりにくい初期の場合は組織検査をおこなうことが多いで
す。
≫ 『コンジローマの検査費用』

コンジローマの注意点

性病や性感染症の中でも、特に注意しておきたい病気の1つがコンジローマです。
コンジローマは一見すると大人しい病気の1つだと考えられていますが、見た目にも悪いですし、痛みや痒みを発生させることもある恐ろしい病気の1つとなっています。
もちろん、自覚症状がなく、そこまで酷い症状が出るということはないので、放置しているという方も多いかもしれません。
そもそも気付いていないという方も山のようにいます。
≫ 『コンジローマの注意点』

コンジローマとパートナーの関係

コンジローマという性病・性感染症について知っているでしょうか。
特に独身の方などは心配がないのですが、パートナーがいる方には注意しておきたいです。
コンジローマというのはどういうものなのかと言うと、性病・性感染症の1つとなっています。
この病気に感染しても自覚症状がほとんどないため、気付かずに進行しているという方がとても多い病気です。
ただ、痛みや痒みがある場合などもあり、男女ともにそれらの症状によって感染に気付くということもあります。
そこはしっかりと調べて、検査を通して治療していくことが必要です。
≫ 『コンジローマとパートナーの関係』

男性のコンジローマはいつ発症?

男性はコンジローマを発症してしまう方も多いです。
女性も発症するのですが、性病・性感染症としてコンジローマを発症するのは、男性の方が多いと言えます。
もちろん、女性であっても男性であっても気を付けておきたいというのは確かなので、しっかりと考えておくことが重要です。
ただ、気を付けておくとは言っても、コンジローマは感染したかどうかもわかりにくい病気となっています。
潜伏期間は長いですし、そもそも症状がほとんどないというのもわかりにくくしている要因です。
≫ 『男性のコンジローマはいつ発症?』